審査は現場で起きているんだ!

6月20日に建築基準法関連の改正がありました。
審査方法が変わるため、事前に問い合わせをしましたが、各所あまりはっきりした回答は得られませんでした。行政機関は、原則として改正法に伴って発表される告示の通り、民間の審査機関では当面受け入れ中止、または受け入れても申請が下りるまでにどのくらい時間がかかるか分からない、、、という対応。ともかく行政に提出することにし、国土交通省他のHPから情報を入手し、書類を揃えて提出に行くことにしました。

改正後2日目の提出で、役所の混乱を予想していましたが、行ってみると意外と静か。それでも確認申請の提出の旨を告げると、担当者に緊張の色が、、、。
差し戻しになっては困るのであれこれ質問しましたが、改正法が施行されているにも係わらず、国土交通省からの告示や指針が明確でない様で、対応に戸惑っている様でした。質問の度に担当者が席を外し、他の意匠審査担当者や設備審査担当者と相談してから返事があり、たっぷり2時間の打合せとなりました。

しかし、役所の人も出来るだけ差し戻しが無い様にと配慮してくれていたし、心配していた程審査期間も長くなさそうなので、少し安心して事務所に戻ったのでした。

帰り道の公園。木漏れ日がきれい。
e0092221_835153.jpg
by studiosoy | 2007-06-21 14:00 | 建築