<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夏の京都旅行

京都迎賓館一般参観の抽選が当たったので、京都へ。友人と共に前乗りです。
午後2時、京都駅に降り立ったとたんに暑さにげんなり、、、。先が思いやられます。

ホテルへチェックインした後、夕方4時の拝観終了に間に合うようにタクシーを飛ばして建仁寺へ。
が、タクシーを降りる前に受付のおじさんから、本日は法要?の為拝観はしてません、、、との残念なお知らせ。出鼻をくじまれます。

建仁寺。
e0092221_742315.jpg


気を取り直して六波羅蜜寺へ。中世の密教本堂の形式とのこと。

六波羅蜜寺/1363年建立
e0092221_18284463.jpg


日陰を探して歩きながら茶碗坂へ。出江寛氏の作品を見て、近くの和菓子屋できなこもちを購入。清水寺には行かずに折り返し。

画廊きよみず/出江寛氏/1989年
e0092221_743591.jpg


K氏のブログで取り上げていた石塀小路の方へ。途中、八坂通りを入った路地の向こうに見える五重塔が凄く良い。純和様の塔です。

法観寺 五重塔/1440年建立。
e0092221_743397.jpg


途中の喫茶店で一休み。小さな庭の見えるお店でした。注文してあっという間に出て来たコーヒーにびっくり。味はそれなり。観光地仕様ですネ。

石塀小路
e0092221_7435935.jpg


小路を歩いていると、にょきっと現れる不思議な塔。東京の築地本願寺や東京都慰霊堂と同じく伊東忠太氏設計のものです。

祇園閣/伊東忠太氏/1927年
e0092221_746189.jpg


本日は祇園祭の還幸祭で 四条御旅所から神輿が八坂神社に還幸する日でしたが、残念ながら神輿は見れませんでした。

八坂神社本殿/1654年建立
e0092221_9351918.jpg


四条大橋方向へ。槇さん、京都初の作品「京都クラフトセンター」は工事の仮囲いが。今年初めに閉館してしまった様です。今後どうなるのでしょうか。上手く再生して欲しいです。
ちなみに高松伸氏のMKstation(1989年)ホストクラブの案内所らしきものに、パーラーオーバル(1993年)のあった場所にはマンションが建っていました。時間の流れを感じます、、、。

京都クラフトセンター/槇文彦氏/1981年
e0092221_8583778.jpg

MKstation/高松伸氏/1989年
e0092221_8572864.jpg


夕暮れの鴨川付近。サラリーマンらしき人たちが川床で寛いでいました。
川床はちょっと値段が張ったので、先斗町の居酒屋でご飯&お酒。

鴨川
e0092221_7452657.jpg

東華菜館/ヴォーリズ建築事務所/1926年
e0092221_7454868.jpg




二日目。
友人の「ザ・京都」って所に行こう、という提案に乗って金閣寺へ。

鹿苑寺金閣/1955年建立
e0092221_747748.jpg


バスで少し移動すると龍安寺。

大雲山 龍安寺。有名な石庭の西側にある苔の庭。
e0092221_7473079.jpg



さて、ようやく本命の京都御所。
比較的年配の方が多い様子。セキュリティの都合で荷物検査をされたり、見学したり写真を撮る場所も限定されたり。
伝統技能を結集した装飾は見応えあります。建物としては、和風の迎賓館という想像の範囲内。

京都迎賓館/日建設計/2005年
撮影は個人が記念として撮影する場合のみとのことなので、残念ながら屋根のみアップ。

e0092221_7481083.jpg


ホテルに預けてあった荷物をピックアップして京都駅へ。
今回のホテルは京都市役所のすぐ近く。新幹線とホテルのパックで約2万円。お得でした。

京都市役所本館/武田五一+中野進一/1927年
e0092221_7493035.jpg


時間があったので、京都タワー展望室へ。二日間、廻った場所を望遠鏡から眺めるのは楽しいものです。
京都駅ビルには京都タワーが映り込んでいます。ぐにゃっとなっているのが京都の暑さを感じさせます、、、?

京都タワー/山田守氏/1964年 
JR京都駅ビル/原広司氏/1997年

e0092221_7495545.jpg



※建物に関する情報は主に『建築MAP京都 mini』より。
by studiosoy | 2008-07-24 14:00 | 建築

緑のカーテン

先日、講習を受けた「耐震診断」を実践すべく築ウン十年の実家へ行ってきました。
外部の基礎や壁の損傷具合を見たり、屋根裏に潜り込んだり。調査結果は、また事務所へ戻って資料としてまとめる予定です。

南側の窓に緑のカーテンが出来ていました。ゴーヤと老猫。
e0092221_18213938.jpg
by studiosoy | 2008-07-18 10:00 | 建築

ilabo court

久しぶりに瀬野和弘氏の見学会へ。

今回は大久保の小さな住宅でした。
外からは箱の様に見えますが、引戸を開けると中庭。光と風を取り入れる仕掛けになっています。
懐かしい顔ぶれに会い、無沙汰をお詫びしつつ、空間を楽しませて頂きました。

箱の様な建物ですが、、、。
e0092221_18294421.jpg
中庭から空が広がります。
e0092221_1829569.jpg



瀬野氏に誘われて打ち上げに参加し、途中から合唱の練習を終えた荒木氏も合流してカラオケ、中野のバーに移動して始発で帰りました、、、。
by studiosoy | 2008-07-05 15:00 | 建築

表参道ヒルズ

打ち合わせまで時間があったので、遅ればせながら「表参道ヒルズ」へ。
私の耳に入ってくる限り、賛否両論、どちらかと言えば否定的な意見が多かった作品です。

路面店となるギャラリーなどを見ながら、内部へ。平日の昼間で人は少なめ。
最大の特徴である、吹き抜けを囲むスロープを上がって行きます。吹き抜けにはトップライトから光が落ちて来ます。
ゆっくりと歩きながら、上へ移動。少しづつ景色が変わって行きます。
あまり縁のない高級店が並びますが、坂のある街をそぞろ歩く感じはありました。

「縦に長い商業ビルを横に倒しただけ」なんて意見も聞きましたが、低層に押さえた意味は十分にあると感じました。
願わくは、敷地内でこじんまりとまとまっている店舗や住居が、参道と繋がりを持ち、路面店が歩道にはみ出したり、上部の居住層の生活感が垣間みれたりすると、もっと魅力的な場所になると思うのですが。

表参道ヒルズ/安藤忠雄氏/2006年
e0092221_18303890.jpg
どうかと思った同潤会アパートの復元も蔦が絡んで馴染んで来た感じです。
e0092221_18304944.jpg
by studiosoy | 2008-07-03 15:00 | 建築